We feed the planet

食に関わる若者 2500人以上の大集会

2015 年、イタリアのミラノで万国博覧会が開催され、そのテーマを「地球に食料を、生命にエネルギーを」としていました。その中スローフードユースネットワークは、未来を担っていく若い世代の声をあげるため、世界中から40 歳以下の農家、漁師、料理人、活動家、食系の学者、食のフィールドに関わっている社会人や学生を世界中から2500人以上集め、食の未来を話し合うイベント、We Feed The Planet を開催しました。

日本からは、総勢15人のメンバーが集まりました。有機栽培の米や大豆を作る農家、地産地消をモットーとするシェフなど、それぞれの哲学を持った代表メンバーが世界中の仲間と交流し、これからの食の未来について話し合いました。一人一人が地域でコツコツ取り組んでいることが積み重なって、それが未来の食を支えることにつながる。そんなことを実感できる機会となりました。

イベント内では、食のシステムを構成する様々なテーマについてカンファレンスや講演会、ハッカソンなどが企画されました。例えば、土壌の品質について、農業の中の女性の人権問題について、昆虫食について、食のウェブマーケティングについて、etc.. それぞれの分野から専門家を招き、活発な意見交換を行いました。また、アリス・ウォータースやラージ・ペタルなど、影響力の高い食の活動家も駆けつけ、食の未来を担う若者に向けて講演を行いました。

©2023 by Gelato. Proudly created with Slow Food Nippon