変革へのレシピ 〜より良い未来を食卓へ〜

2017/09/07

なぜスローフードは気候変動について取り組まなければならないのでしょうか?
多くの人に取り沙汰されていて、時にその存在について否定的な意見さえもあるこの話題。
しかし私たちは、気候変動の影響を毎日目の当たりにしています。

 

氷河は溶け、河川は枯渇し、記録的な猛暑が各地を襲い、史上最大規模の台風やハリケーン、

竜巻が発生しています。

 

それでもまだ、どこか非現実的で、抽象的で、日常の私たちの行動とは、特に関係していないように思えます。

だからこそ、スローフードとして取り上げる必要があります。

 

産業的な食品生産のシステムは大きな元凶の一つです。

温室効果ガスの3分の1が、集約的な畜産業や作物への広範囲にわたる農薬散布、旬に関係なく作付される作物、

そして必要以上に距離のあるフードサプライチェーンによる輸送によるものです。

 

同時に食品生産(特に小規模のもの) は、気候変動による第一犠牲者にもなります。

なぜならば、農家は干ばつや洪水に耐え、家畜や作物に与えるための水資源の確保により

多くの距離を移動しなければならないからです。上昇する海面は多くの漁村を存在危機に陥れ、

海水の酸性化により生き物は海に暮らしにくくなり、生物多様性は日々失われ多くの地域が砂漠化しています。

 

いつものお買い物を少し変えるだけで、私たち一人一人が、少しずつ変化を起こすことができます。

一人一人が少しずつ行動を変化させることで、それが集まった時に大きな変化になります。

そしてそれが、政策や国際的な変革につながり、本当に、今の地球が必要としている道に踏み出すことができます。

 

変革へのレシピは、スローフードが提案する、少しずつの行動変革を促すための新しいキャンペーンです。

気候変動と食品生産を関連づけて考えてもらい、消費の形を再考してもらうための取り組みです。

そして、環境に負荷を与えない小規模農業や、環境教育、生物多様性の保護に取り組む

スローフードのプロジェクトのためのファンドレイジングをします。

 

9月29日から12月31日の間、様々な形でこのキャンペーンに参加することができます。

ソーシャルメディアやウェブサイトから気軽に、

はたまた地元のシェフや地元のコンビビウムはイベントを主催することで、、
おいしい、きれい、ただしい食を選び、地球規模のスローフード運動をサポートしてください。

 

参加方法は例えば:
- 10月16日〜11月5日:ローカルなものを食べる
3週間の間、ローカルで旬なものを食べることに挑戦してみてください。
- 11月6日〜25日:未来のための料理
持続可能性や、生物多様性、環境に配慮した食材を使ったレシピで料理してみてください

-11月26日〜12月末:スローフードを支援する!

スローフードは、地球のための運動です。私たちが地球を守れるために、少額からの寄付で大きな変革を。

 

 

www.slowfood.com
#SFMenuForChange #SlowFood #EatLocal

Please reload

Please reload