ENG / 日本語

先住民族テッラマードレ アジア・環太平洋 in アイヌモシリ 開催決定!

...more information on the way

詳細情報随時更新中

「先住民族テッラマードレ アジア・環太平洋」が、2019年10月11日〜14日に北海道のアイヌ文化交流センター サッポロ・ピカコタンにて開催されます。 このイベントをホストするのは、「アイヌ女性会議 メノコモ」です。

アイヌの人たちがホスト役となり、アジア・環太平洋地域をはじめとした、全世界の先住民族を北海道へ招へいして、このイベントは開催されます。

メインテーマは、”先住民族のフードシステム:気候変動と持続可能性”です。パネルディスカッションや分科会を通して、先住民族の健康、教育、暮らし、自然、そして文化保全などの問題や課題を、「食」というファインダーを通して学び、意見を交換し合い、話しあっていきます。

若者、料理人、そして女性たちの役割というのも、このイベントで重視されるポイントの一つです。昆虫食や、どんぐりなど、先住民族の間では文化となっているもので、最近では未来食としても話題になるものも、多様なワークショップで扱っていきます。

 

「アイヌ女性会議 メノコモ」は2017年4月に設立されました。その設立以来、スローフードと密に連携をとり、活動をすすめてきました。2017年10月には、Slow Food Nipponと共にAinu Food Festival開催し、成功をおさめました。2018年のTerra Madre Salone del Gusto 2018には、メノコモから8名が参加し、フォーラムに参加したり、Terra Madre Kitchenでアイヌ食をデモンストレーション・披露するなど、その舞台を世界へ広げました。

日本には、2つの先住民族がいます。主に日本の北部に居住してきたアイヌ民族と、南の島々の琉球民族です。アイヌ民族は、1997年に初めて、二風谷ダム訴訟判決の際にはじめて公的に先住民族として認識されました。国が進めるダム開発へのアイヌの有志による粘り強い抵抗運動が、ついに先住民族としての認知を勝ち取ったのです。そして、2019年2月15日、アイヌ民族を先住民族として明記したはじめての法律が、閣議決定されました。この新法は一つの重要な一里塚となることでしょう。しかし、アイヌの人たちがこの法律を手放しで歓迎しているかというと、そうではありません。「先住民族の権利に関する国際連合宣言」で詳述されている「先住民族としての権利」が、その言葉すら使われず、きわめて不十分なものになっているからです。

 

スローフードとアイヌ女性会議、先住民族テッラマードレネットワークは、イベントへの参加希望者を募集します。

イベント会期中の宿泊費・食費支給

ユース・ホスティングスタッフ募集!
(応募多数の場合は選考有)

世界と日本の先住民族×食の専門家・実践家たちが札幌に集結!
4日間の国際会議やワークショップイベントを、Slow Food Nipponメンバーと共にホスティングするユーススタッフ(おおむね18歳~35歳以下)を募集します。食から広がる出会いと対話の場づくりにチャレンジしてみませんか?!~全国各地からの参加をお待ちしています!

◆分科会のテーマ
1. 気候変動と先住民族
2. 先住民族の健康とその社会環境
3. 味の箱舟プロジェクトを通して食文化や多様性を守る
4. 伝統智の継承のための取り組み
5. 伝統食を含む文化ツーリズムの可能性と課題
6. 伝統食のリバイバルとシェフの新たな社会的役割
7. 伝統食復興のための食材調達の課題
8. 自然環境保全と食文化
9. 食と女性の役割

◆ワークショップのテーマ
1. 昆虫食
2. どんぐり食
3. 各先住民族の食文化 (6つの先住民族)
4. 先住民族の叡智を活かした世界の料理の最前線!

◆オープンフォーラム
先住民族とその食文化等に関する質問や意見、提案を持ち寄り、自由に話し合う場。 

 

2日目(10月12日)と3日目(10月13日)は一般公開。